ホーム>MLM(ネットワークビジネス)とは>MLM(ネットワークビジネス)ボーナスルール

MLM/ネットワークビジネス ボーナスルール

ネットワークビジネスには様々なボーナスルールというものがあります。

 

ここでは代表的なものを簡単に紹介していきます。

 

詳細が知りたい方は中央電算株式会社のホームページを参考にしてみてください。

ネットワークビジネスの多くの企業がボーナス計算を委託している会社です。


ブレイクアウェイ

ブレイクアウェイは大手の外資系ネットワークビジネス企業が採用しているプランで一番昔からあるプランと言われています。アムウェイやニュースキン、ハーバライフなどもこれを採用しています。

ステアステップ

ブレイクアウェイでは初めにステアステップといって、流通量に応じたボーナスがあり、流通量が大きくなればそれに対する還元率が上がる仕組みになっています。中にはグループで有資格者を出さなくてはいけないなどの条件を付けている企業もありますが、このハードルが高ければ高いほどクリアした時の報酬を大きくしています。また累積で判断される場合と、単月(1ヵ月)の実績で判断される場合、さらに2~3ヵ月の累積合計(ロール)で判断される場合の、3通りがあります。

ブレイクアウェイ

ステアアップである程度の条件をクリアすると独立したとみなされます。これがブレイクアウェイです。

自分が独立した後はグループからの独立を手伝い、独立した自分のグループの売り上げの一部をボーナスとして計算していきます。このグループを独立していくことで大きな収入へとつながります。

ユニレベル

ユニレベルはグループ一人一人の実績に応じてボーナスプランを計算する方式です。直接紹介した人を1レベル、その人が紹介した人を2レベル、、、というようにレベルという概念でそれぞれのレベルに応じた売り上げに対するボーナス%が決められています。バイナリーのようにアップラインからのスピルオーバーはないので、自分で作っていく分公平とも言われます。

バイナリー

現在主流のボーナスプランです。

組織の構築を2系列で作っていき、数の大きい方と小さい方を比べて、小さい方を基準にボーナス計算する仕組みです。2系列で組織を作っていくので、アップラインからのスピルオーバー(紹介者が自分の組織図に入ってくる)が自身の実績になることもあります。簡単でありますがスピルオーバーに依存した会員や2つのチームのアンバランスによって収入に安定性がかける可能性もあります。

ハイブリット

いくつかのボーナスプランを複合して作られたものをハイブリットといいます。細かく計算してくれるようにできている分、複雑なため伝えていくこと自体がハードルになる可能性があります。

リレイティブ

4系列で組織を作っていく方式です。おそらく日本では1社しかやっていない方式で、バイナリーにおけるメリットとしてのチームみんなで組織を作っていくということと、2チームのアンバランスというデメリットを解決した方式です。

4系列で一番大きいチームと、その他合計を比べて2チームとし、その他合計が大きい場合はすべての流通がボーナス計算されます。この方式をとると絶対にバイナリーよりボーナスの還元率が上がります。究極のバイナリーのルールですが、会社として払い出し率が高くなりすぎるため、企業としての儲けや、トップ一人勝ちを狙うには決してできないルールです。収入の上限をきっちり設けることで実現しています。

また、伝えた仲間が収入を取れることにより大きなボーナスになるようにプランされているため、協力体制が出来上がります。