ホーム>MLM(ネットワークビジネス)とは>MLM(ネットワークビジネス)とは

MLM(ネットワークビジネス)とは

MLM(ネットワークビジネス)仕組み

ここでは前ページにあったMLM(ネットワークビジネス)に関して見ていきます。

インターネット上では様々な意見があるのもこのネットワークビジネスの業界ですが、

ネットワークビジネスがよい、悪いという話をするつもりはありません。

ネットワークビジネスという業界がどういうもので、どういったメリットがあり、

どういった弊害があるのかを中立の視点から情報を提供していきたいと思います。

 

もともとMLMとはMulti-Level Marketing(マルチレベルマーケティング)というアメリカで生まれたビジネスモデルです。

製造メーカーから消費者に商品が流通する際に発生している中間マージンを、ダイレクトに商品を届けることでカットできるというのが企業側のメリットです。このことからダイレクトセイリングとも言われています。商品を広げるために広告などのマス・コミュニケーションから個人のクチ・コミュニケーションに移しています。その口コミ料として紹介者にキャッシュバックする仕組みです。

つまり、単にマーケティングの一形態です。

 

日本においては40年ほど前にアメリカから上陸しています。

はじめのうちは法律の整備もなく展開されたので、トラブルもあったのも事実です。

そのため1976年に「訪問販売等に関する法律」において「連鎖販売取引」として定義され、要件に該当するものは、勧誘などの行為が法律による規制の対象となりました。2000年になり「訪問販売等に関する法律」は、「特定商取引法」に改称され、以降数度の法改正を重ねて現在に至っています。

よくねずみ講と間違われますが、これは無制限に成長することを前提に下位会員から金品を上位会員へと上げていく形態をとっていて、日本では無限連鎖講の防止に関する法律で禁止されています。つまり法律的には全く別のものであるが、一般的に区別をつけられていない人がいるというのも現状です。


ネットワークビジネスの弊害

法律的に云々ということよりも、実際になぜマイナスのイメージが多いのかを見ていきましょう。

 

上の表を見ても分かるように、主催する企業としては通常の流通形態より利益率が高いのが分かります。そのため、一攫千金を狙った主催者が続出した経緯があります。

法律が整備され、だいぶそういったトラブルを起こす企業は減ってきているといえますが、現状まだあるのも事実です。

具体的にいわゆる悪徳と呼ばれる企業はどうしてきたのかを挙げてみます。

①トップ一人勝ち

→これはボーナスの配当ルール上、先に始めた人にとって有利になる分配ルールを用いています。

後から入った人はいくら頑張ってもなかなか稼げないという現状が起こります。

②ローントラブル、在庫トラブル

→最近は減ってきましたが、ローントラブルが横行した時代もありました。1つの商材に何十万~何百万という金額でローンを組ませていくというものです。在庫に関しては、始め登録時には少ない金額で済んでも、ビジネスを開始する時点で在庫を持たないといけなかったり、ボーナスの金額が多くなるためには自身も大量に購入する条件が出てきたりします。

③倒産

→これは法律的に行政処分の対象になる場合だけでなく、計画倒産の場合もありました。

主催者が望んだ金額を集められて、行政処分になる前に逃げるという場合です。

この場合、ローントラブルにもつながってきますが、主催企業が倒産しても、会員の支払いは続きます。


ネットワークビジネス存在意義

それでもなぜネットワークビジネスは現在もあるのでしょうか。

大きく三つの視点から理由を考えてみましょう。

 

①企業として必要

→流通コストの面から、そしてマーケットをどう開拓していくのかの情報も得られるということで所謂大手企業も参加してきています。また、中間マージンを省くことで、商品自体によりお金を投資することが出来るので、通常の店舗で売られているものより効果の期待出来るものが作れます。

 

②個人として必要

→参加する個人のニーズがある。自分から始まるグループ、愛用者を構築していくと毎月のランニングでの収入につながります。今の時代を考えて、収入のパイプを増やす必要性が出てきているということが考えられます。一企業に所属し、一生やっていくことがリスクになることが分かってきた人が増えてきているのもあります。

 

③行政として必要

→単純に税収につながるから。一昔前のようにトラブルばかりでは行政としては整備する必要がありますが、逆に守る必要もあるのです。ネットワークの業界は1兆円をゆうに超えているといわれています。そこからの法人税、個人へのボーナスからの所得税、個人の消費における消費税を考えると守っていく必要性もあるのが現状です。

 


ネットワークビジネス=パーフェクトビジネス

しかし最も大切なのはその人の取り組み方です。

たとえ堅実なボーナスルールを用い、商品としても価値のあるものを提供していても、その人の姿勢によってうまくいくものもうまくいかなくなります。例えるなら車です。普通に乗る分には便利な道具ですが、一歩間違えると人を傷つける道具にもなります。

ネットワークビジネスも手段として便利な道具になる場合もありますが、あくまで自分に目を向けて、相手を変えようとする姿勢からの脱却が必要になります。

逆の見方をすると、そういった姿勢を身につけていくことになるので、人間的な成長を含めてパーフェクトビジネスと呼ばれることもあるのです。