時間の経つスピード

今日で2013年が半分過ぎましたね。

 

最近時間の過ぎるスピードがどんどん早くなってきている気がします。これはどんどん歳をとると拍車がかかって感じると良く聞きますが、30代でこのスピードだと40、50代の感覚がどうなってしまうのか、少し怖く感じます。

 

この時間に追われている感覚から、時間を追う感覚に切り替えるには、やはり事業計画をきっちりと逆算で立てていくしかないのでしょう。事業をやっていない場合はライフプランと自分に出来ることを明確にしていくことですかね。

 

日々のごたごたで本来今日やるべきことを延ばしていく習慣から早く脱却していきたいものです。

0 コメント

「話を聞かない」という人が出てきたら

今日は、ある知り合いのプライベートの相談に乗っていた件で動きがあり、ブログに書いておくことにしました。

 

その知り合いの今後の話を少し前に聞いていて、それに対する解決策を調べることになっていました。その報告をするために電話をしたところ、解決策を言う前に一方的に「その話はいいや」という一点張りでした。

 

おー、久々にこういった人に出逢ったぞと思いました。ネットワークビジネスを伝えていくと、断る理由を話さずに一方的に「聞かない」という人って必ず出てきませんか?今回はネットワークビジネスの話ではなかったのですが、久々にこういった方に当たりました。

 

アポとりの段階で、こういった人が出てきた場合どうでしょう?結構傷付きますよね。そしてそういったことが続くと、そもそもネットワークビジネスを伝えたいというアポの取り方をしなくなるでしょうし、とりあえずミーティングに何も説明せず連れて行くという行為をしちゃっている人多くないでしょうか。

 

私が思うに、「話を聞かない」という人が出るということは、自分に信用がないというだけのことです。ですので、何も告げずに呼び出し、スポンサリングをするというのは問題解決になっていないのです。信用がないので、どんどん人間関係がおかしくなっていきます。そして、インターネットで知らない人をスポンサリングしていくということも根本解決になっていません。信頼が介在していないので、一時グループになった人がいたとしても、また流れていくからです。

 

つまり、自分の信用を築いていくしかないのです。その為には直ぐにスポンサリングをするのではなく、単に久々の人と食事をするとういのも立派な仕事です。信用を築くというのは時間がかかります。だからMLM DataBankでは「簡単な仕事ではない」というメッセージをしています。

0 コメント

資産運用

今日はMLM退職金制度のサポートをしてくれている友人に会ってきました。

 

自分の祖父母の資産運用の相談です。

 

年配の方で資産運用を金融機関の営業マンから勧められて行っている人は多いとおもいます。しかし、いくら運用で増やしたところで、相続する際には税金をきっちり払うことになるので、運用益から税金を引くとほとんどプラスにならないというのが現状です。しかし、金融機関の営業は、運用手数料で儲けているので、そんなことは関係ないというのがあります。

 

MLMで紹介している制度を応用すると以下のことが可能です。

 

①500万円まで無税

→4,790,000円での保険を組んで、いつでも亡くなった際に5,000,000円として相続出来る(保険のため500万円×相続人数まで無税)

②500万円のキャッシュを100万円ずつ生きているうちに譲与

(110万円/年まで譲与税は無税)

→受け取ったお金のうち50万円を10年にわたり運用:途中解約の場合15年から損益分岐点になります。また50万円を毎年運用に回すなかで、1年目から亡くなった場合1000万円を受取人が受け取れる

③リタイアメントインカム

②のように100万円譲与したお金を年間950,000円を5年間ドルだてで運用。元本保証がついて15年で561万円、その後10年に分割して受け取ると620万円になります。

 

一見ややこしい話ですので興味ある方は問い合わせより連絡ください。MDRT資格保持者を紹介致します。

 

情報というのは知っていることと知らないということで大きな差が出来ます。特に資産管理に関しては今回のように数1,000,000円の差が出てしまう場合もあります。情報の正確さ、深さを考えてこれからも発信していきたいと思います。

0 コメント

×説得  ○共感

ネットワークビジネスの活動において「説得」ということは必要ないと思っています。それは伝える相手が基本的に友人であるからです。友人を説得出来たとしても、そのひとはビジネスパートナーにはなりづらく、「喧嘩に勝ってビジネスに負ける」ということになります。ネットワークビジネスは、相手にとってもやる理由が明確になり、自主的に行動するまで導く必要があるため、説得ではその自立までは決してつながりません。

 

そのため、このサイトの情報のようなことを「説得材料」として、スポンサリングに使おうと思っても、中々うまくいかないかもしれません。このサイトが機能するのは、あくまで第三者的な視点からの情報だから機能するということをお伝えしておきます。

 

ではスポンサリングの際には何を意識していくのか?です。それは「共感」です。先日10年ぶりに会った後輩が、セミナーに来たがった理由というのは「共感」です。サラリーマンだけの世界観だと視野が狭くなってしまうという本人の想いや、学生の頃のように、友人とキャンプに行ったり、スノボに行ったり、海外旅行に行ったりしたいという気持ちの共感でした。

 

共感があるから人間関係が壊れることがないのです。それがたとえ10年ぶりだとしてもです。よく、「久々に会ったのは、この(MLM)話をするためだったのね!?」と嫌がられたりするという話を聞きます。それは、久々に会って、MLMの話をしたから嫌がられたのではなく、自分本位の一方的な話をしたからにすぎないと思います。相手が何を望んでいて、どうしたいのかを自然の会話の中で見つけて繋げていくということで、口コミのビジネスは成り立っていきますので、「共感」を1つのテーマに考えていきたいものです。

0 コメント

本質を見る

スポンサリングに行くと、「お金がないから出来ない」「時間がないから出来ない」「伝える人がいないから出来ない」などと言われた経験はネットワークビジネスをしている人であれば誰でもあると思います。

 

これは実は「やる理由」と同じであるということもたいていのディストリビューターであれば理解していると思います。「お金がないからやる」「時間が欲しいからやる」「人脈を増やすためにもやる」といった具合です。

 

しかし、今日ここに書くことはその一歩手前の話です。それは「本質を見る」ということです。

 

「お金がないから出来ない」という人は「やったとしたら」を頭の中でシュミレーションかけているということを見落としていることがありませんか?やる想定で考えて、そのうえで「出来ない」と言ったのに、スポンサリングする側が、「やらない」と受け止めて、その後のビジネスの可能性がつながっていないことがよくあります。

 

そして、実は相手は「やることを考えている」ということを見抜くか、見落とすかはこちらの日々の状態に左右されています。自分が絶対に繋げるということを決めていると、こういった本質が見えてきます。逆に惰性で、単にネットワークビジネスを続けているだけの人は、「あ、また駄目だった」といってだんだんフェードアウトしていってしまいます。

 

もう一度自分のスポンサリングの現場を考えていきたいと思いましたので、共有しておきます。

0 コメント

再会

今日は学生の頃のサークルの後輩と10年ぶりくらいに再会しました。

 

社会人になってからの空白の10年の穴埋めと、今の現状、ビジョンを語り合う中で、自分主催のセミナーに参加したいという流れになりました。またキャンプやスノボなど、学生の頃のイベントにも絶対参加させてほしいということで、これから長い付き合いが再開しそうです。

 

ビジネスとして直ぐに自分ごとには出来ていないのは当たり前ですが、「直ぐにビジネスをやろう!」とか「一緒に成功しよう!」なんてことは伝えていません。けれども、こちらの将来に関するビジョン、今の人とのつながりの考え方などを共感していくなかで、関係は良好になっていきます。

 

スポンサリングをして、人間関係がおかしくなるというのは、必ず不自然なスポンサリングをしているにすぎません。当たり前のことを大切にしてスポンサリングをすると、決して壊れるものではないと思います。

0 コメント

ネットワークビジネスの業界を変える!

MLM DataBankの法人化に向けて準備が進む中で色々と課題でてきてワクワクしています。

 

Amway社や、ニュースキン社、モナヴィー社など様々な企業が日本においても活躍されていますが、同時に口コミサイトなどで心ない言葉を書かれてしまっているのも事実です。そしてそういった口コミが一方向からの偏った知識による誹謗中傷であることが心を痛めます。

 

こういった偏見からの情報を鵜呑みにして、夢をつかめない人が多くいることは、MLM DataBankとしては無視できません。あくまで中立の視点でこのサイトを運営していますが、最終ゴールはこのネットワークビジネスという業界を変えることにあると思っています。

 

今、このビジョンに共感してくれる人が少しずつ増えてきてくれています。サイトのSEO対策をやってくれる仲間や、内容のアドバイスをくれる方、そして企業の情報・口コミを記載してくれる方。

 

それぞれの小さな力が業界を変えるというワクワクでつながったときに大きな力に変わってくると思います。協力してくれる方、様々な方に感謝をしています。

0 コメント

近道があったのではないか?

今日は自分のチームのパートナーと午後から映画に行ったりして過ごしました。

 

彼と話している中で、「別な導き方があれば、もっと近道出来ていたのではないか?」という話が出ました。

 

例えば、もし今の自分で3年前に戻り、ビジネスをやり直すとしたら、どうしていたかなと考えました。結構夜中まで考えたのですが、どの道今につながっていたと思います。

 

色々なエピソードの中で、お互いが考え、決断してきての今であること、そして、それぞれの出来事がやはり必要なことであったという確信、さらに、今とてもうまくいっているように見えること、を考えると全てが必然に思えます。

 

そして、今の現状を「上手くいっていない」と判断している場合と、「上手くいっている」という判断をしている場合とでこの話は理解出来たり出来なかったりすると思います。

 

私は今とてもうまくいっているように見えて仕方がないのです。一見遠回りに見えていることであっても、そのおかげで心から「成功したい」という思いが最大限大きくなっていて、その気持ちがどんな課題も超える力があるからです。それはグループが今、いる、いない、活動している、していない、などはどうでもよいことで、自分がどちらに絶対いくか、という気持ちで全て変わります。一見遠回りに見えるようなことがなければ、「絶対」という自分の気持ちにたどり着くことも出来なかったと思います。

 

今、彼との信頼関係はこれまでにないくらい強い物を感じています。そして彼の絶対このままで終わらないという大きな想いで間違いなく私のチームで最大の結果を出すと確信しています。

0 コメント

「夢を見すぎている」

今日は久しぶりに父が家に来て込み入った話をしました。

 

その中で「お前は夢を見すぎる」ということを言われました。当然父からしてみれば、こちらが何歳であろうと、どれだけ結果を掴んでいようと心配してくれるのはわかりますので、その気持ちに感謝出来ます。

 

しかし、こういった場面で多くの人がネットワークビジネスでの成功をあきらめていくのだろうということも感じました。

 

夢を見すぎることによるマイナスは何一つありません。あるとすれば、単なる願望や野望だけで、足元を見ないということだと思います。

一歩一歩の計画をきっちり立てたときに、夢は現実に近づいていくのではないでしょうか。

0 コメント

継続より集中

「継続は力なり」より「集中は力なり」という話があります。

 

ネットワークビジネスで結果を掴むためには必ず時間がかかります。勢いだけで結果を掴むことが会ったとしても、長く続くためには信頼構築が不可欠だからです。

 

ただ、ベクトルを上に向ける為には「集中する」ことが不可欠だと思います。

始めてネットワークビジネスを始める際には、特にアポイントを1件だけ入れて活動することはメンタル的にも難しくなるのは言うまでもありませんが、しばらく続けていて結果をつかめていない場合は、どこかのタイミング、きっかけで一気に集中することが突破口になると思います。

0 コメント

MLMで活動する際の注意事項

MLMで活動する際の注意事項を公開開始しました。

 

これは訪問販売法などのMLMが関係してくる法律に関しての情報です。現実問題知らず知らずのうちに違法行為をしている人も多く、実例とともに書いてありますので参考にしてみてください。

0 コメント

コンタクト

近いうちに、グループとともに宮城県の展開をしていくことになりました。まだ日程は決まっていないのですが、とにかく宮城に伝えに行きたい人がいるということから始まった遠征です。

 

私も仙台に友人がいるので、連絡をとってみました。去年結婚したばかりですが、すでに夫婦喧嘩が多く、しょっちゅう奥さんは実家に帰るそう。

 

色々大変だなということで「7つの習慣」を教えてあげました。

 

自分が行く時までに少しでも読んでくれていれば、行った際にまた一つ共通して話す話題が出てきます。

 

コンタクト1つ取るだけで情報や、知恵につながってくるので、何も全てスポンサリングすることなく動いていきたいものです。

0 コメント

少し先が見える人、そうでない人

ある友人二人と電話で話すことがあり、気づいたことを今日は書きます。

 

二人は同じ会社に勤めるセールスマンです。この会社の目標数値が前年比が基準になっている評価制度で、その業界の市場はここ10年以上規模が変わっていません。競合他社はそれでも増えていて、競合製品もどんどん増えている状況です。

 

1人はその状況からこのままでは、この先頭打ちになることが分かっていて、今から外に出る準備をし始めました。

 

もう一人は、たまたま今年の業績がまあまあ良く、何とも思っていません。当然何か変化をさせようとする行動は全くありません。

 

たった一年先を考えられるかどうか、そしてそれを行動にしていけるかで、直ぐ先の将来に差が出てきます。

 

始めは先を見るという小さなことですが、とても大きなことだと思います。

0 コメント

コミットしまくる

先週の金曜日に法人にすることが決まってから、そのことを既に8人に話しました。

 

人に話すとどんどん課題が明確になり、やることをやるスピードが格段にあがります。

 

ネットワークビジネスも同じで、自分がやることに決めたことを一人でも多く話すことがものすごい近道になります。別にスポンサリングしなくてはいけないのではなく、やることにしたことを伝えていくことをぜひやってみてほしいと思います。一歩前に出られていない人には本当に近道になると思っています。

0 コメント

自分の好きな場所

今日は午後妻とお気に入りの喫茶店に行ってきました。

 

鬼子母神という神社のそばにある喫茶店で、脱サラしたマスターがオーナーのこだわりの珈琲屋さん。全てサイフォンで間違いなく美味しい。

 

この喫茶店は5年ほど前から通うようになりましたが、空気がよく、今後の展開など前向きに考えることが出来る場所です。

 

自分の気持ちをリセット出来る場所を見つけておくと、ネットワークビジネスのようにメンタルが試される仕事をやっていくには便利です。

0 コメント

具体的にイメージ出来るように

今日はチームのミーティングの日。

 

事業説明会にはせず、今回は具体的に私の活動を紹介する時間から始めてみました。具体的にどういった流れで商品を使うようになったのか、あるいはどういった話からビジネスの仲間になったのか。さらにこれからどういった流れで仕事を進めていくかなどをみんなで話しました。

 

共通して言えることは、コツコツ関係をつくってきた中で、相手のことを知り、タイミングを掴んできたということ。相手を知るために、「使わない」「やらない」といった人とどれだけ密に関係をつくっていくかがネットワークビジネスのカギになると思いました。

0 コメント

事業計画書

昨日法人にしていくことが決まってからまず事業プランを作成することから始まりました。これまで営業代行、コンサルティングなど色々手伝ってほしいという話を整理して、どこまでやっていけるのか、収支はどうなっているのか、色々出てきました。

 

自分たちがやっているネットワークビジネスでの活動を更にやり易くするため、そして、自分のメンバーが活動費を捻出出来る程度の仕事のボリュームも確保していきたいと思っています。

 

これからのネットワークビジネスの1つの形になればということ、理念を徹底して追求した法人にしていきます。

0 コメント

法人にします

今日は仲間と今後の展開に関して打ち合わせに盛り上がりました。

 

このMLM DataBankを法人にすることが決まりました。だいぶ先ですが、1年後には企業対応をしっかりしていく方向になります。

 

期日が決まると一気に話は進むもので、課題も明確になり、これからまた更に充実していけそうです。

 

今後ともよろしくお願いします。

0 コメント

自主性

今日は大きなタイトルを持っていない人たちを中心にミーティングをしてみました。

数名の人をピックアップして、最近大切にしていることや、こだわっていることをスピーチしてもらう形にして、それに対し質問していくというものをやってみました。

 

予想通り、スピーチもそれぞれ素晴らしく、私自身も色々質問させてもらいたくなるような感じで盛り上がりました。

 

最近思うことですが、実はみんなかなりのものを持っています。大きな結果を出している人とのコミュニケーションは間違いなく必要ですが、それだけでいるとどんどん自分が小さくなってしまう。本当は誰でも分かっていることがあり、自信を持って進んでいくだけで大きな結果の差になるのだと思います。

0 コメント

同じ課題

ネットワークビジネスをしていると、同じ課題が形を変えて現れると思います。

 

それはスポンサリングの課題だけでなく、自身のプライベートにおいても起こりえると思います。

 

その課題を解決しないでいると、どんどん問題は大きくなってしまいます。

 

人生が大きく変わってしまうことにつながっている場合もあるので、そろそろ修正していきたいのですが。。

0 コメント

大丈夫

いろいろ起こるけど、絶対大丈夫だって。

自分の気持ち信じていこう。

 

って仲間に伝えたいな。

0 コメント

イメージ、体感、決める

今回の旅行で、妻が毎年上高地に来ることを決めた、と突然言ってきました。

あまり望むことを口にすることがない人ですが、今回イメージしていた新緑の上高地が、体感に変わり、そして夢リストをひとつ増やすということにつながったのだと思います。

 

単に望むだけでなく、体感していく中で、本当に望む力を得ることが出来ると思います。

 

ネットワークビジネスでスポンサリングをしていると、望まない人があまりに多いことに気づきます。望んでいない人にいくら熱く「成功しよう」といったところで響きません。逆に温度差が生じて拒絶されてしまいます。そういった場合は、何か望む環境を共有するしか突破口はないのではないかと最近づくづく思います。

0 コメント

上高地

今日は上高地に来ました。大好きな場所のひとつで3度目の上高地ですが、今回初めて上高地内のホテルを予約。新緑の季節に来たいという想いから、今回は上高地温泉ホテル清水屋というところを予約し満喫できました。

 

上高地内で温泉があるホテルが2つしかなく、清水屋はそのひとつ。部屋にも温泉がついていて、浴室の目の前は梓川と北アルプスという最高のロケーション。夜は満点の星、天の川も観れました。

 

たまたま夜中もう一度星空を観ようと外に出ると、ホテルのスタッフの方が見回りしていて、その流れで星空撮影のレクチャーを受けることが出来ました。新しく手に入れた一眼レフの使い方がさっぱりわからなかったのですが、シャッター時間などいろいろ設定してもらい、三脚も準備してくれて、天の川を撮影することが出来ました。

 

こういったサービスを受けてしまうと、今後上高地に来たときは必ずここに泊まることになりそうです。

 

ビジネスに無理やりこじつけると、相手の望んでいる以上のことを、楽しそうにサポートしてくれると感動を生み、関係は続いていくのだと思います。

 

とにかく最高なところでした。

0 コメント

休養

今日から三日間休養をとって旅行に来ました。

 

初日は高山へ行って、その足で白骨温泉で一泊。

 

たまたま見つけた秘境の和ホテル。金曜日ということもあり、ほぼ貸切。食事もおいしく、温泉もちょうどよい温度で、周りは木と川以外何もなし。

 

こういった時間をとても大切に出来るようになってからビジネスがうまくいき始めた気がします。ネットワークビジネスのスイッチが一度入ってしまい、過去ビジネス100%になりすぎてしまったことがありますので、気をつけていきたいと思います。

0 コメント

New Open

今日は知人の美容室のNewOpen日。

 

まだお店にいけていないけれども、仲間と合同出資しての独立です。

 

コンセプトはみんなで話し合った中で決めているとのことで、次にカットに行くのが楽しみです。

 

夢を追っているという姿はとても刺激を受けます。これからも応援していきたいです。

0 コメント

「何か話すことはありますか?」

あるメンバーが、次回の自分たちのミーティングに関して「何か話すことはありますか」と聞いてきました。

 

自分が新規の人を連れてくることが決まっている場合、こういった発言は出てきません。ネットワークビジネスは誰かに雇われて仕事をしているわけではないので、自分がどういったミーティング内容にすれば、今アプローチしている友達にとってプラスになるかを考えていくという視点になると、ものすごく楽しい仕事になります。

 

「何か話すことありますか?」

 

ありません。もっと楽しんでやっていきたいですね。

0 コメント

アマンリゾート

これはアマングループが経営しているアメリカのアマンギリというリゾートホテル。モニュメントバレーそばにあり、見渡す限りアマンギリ以外の建造物は見えません。まるでスターウォーズに出てくるようなところです。来年の大きな目標をクリアして、グループといくことを1つの夢として頑張ることにしました。こういうところに仲間と行けるというのがネットワークビジネス最大の魅力の一つではないでしょうか。

0 コメント

ライバル

今回大きなミーティングの後のアフターの時間をいつもと少し変えてやってみました。

 

自分のグループのメンバーと他系列のグループで同じくらいの段階の人だけで席を設けて自由にやってもらいました。

 

最近つくづく思うのですが、成功しているリーダーと話すことは間違いなく大切なことですが、同じ団塊の人ともつながりをもっと持っていってよいのではないかと感じます。リーダーと話すと、色々なことが解決出来る半面、間違いなく”正しいこと”を聞くので、そればかりが続くと「自分は出来ていない」というように自信をなくしてしまう人もいるのではと思います。更に深く考えると、本当はみんな答えは知っていると思います。コンディションのことであったり、考え方であったり。それを行動と習慣レベルに出来ていないというだけで、本当は知っています。であれば、正しい話を聞くことより、自分たちで頑張ろうと感じれる時間も同じくらい大切だと思います。

 

今回のアフターの時間もそういう意味では次につながると感じていますし、これからもこういった機会をもっと増やしていきたいと思います。

0 コメント

ノニジュースへの口コミ

またビックリする掲示板を発見しました。

 

アンチネットワークビジネスの口コミです。

 

「ノニジュースはマルチ商法になるのか?」という質問に対しての答えで、

マルチ商法は合法でマルチまがい商法は違法というのはマルチ商法関係者の詭弁にすぎません。
正確には合法なのではなく違法とまでは言えない商法です。
ドラッグで麻薬や覚せい剤は違法ドラッグですがそれ以外に脱法ドラッグというのがありました。これらも現在は違法となっています。つまりは法の整備が遅れているに過ぎず事によったら明日にも違法となるくらい怪しい商法だという事です。
もし違うのであれば正々堂々と店頭で売った方が会社としても利益は大きくなるし宣伝費を使っても数が売れるので元売りも小売店も利益があがるようになります。
それをしない、できない時点ですでに商売としては胡散臭い商売という事になります。

 

という回答です。

 

①「明日にも違法となるくらい」

⇒なりません。

マーケットとして1兆円規模の世界です。それだけのマーケットからの税収を考えると直ぐにNGに出来るものではありません。ファーストフードほどの市場規模ではありませんが、ファーストフードを違法として世の中から消すということに匹敵するほどの政治的ダメージと活動されている方への負荷がかかってしまいます。

 

②「店頭での小売、広告宣伝費をかけても数が売れるので元売りも小売店も利益が上がるようになります」

⇒なりません。

 

薄利多売の戦略でいく企業方針であれば、それは成り立ちます。価格競争であったり、商品原価を下げることで内容成分を薄めたりすることで利益を得ることしかできなくなるので、すでにマーケットを持っている大手企業はそのままの戦略でいけますが、そうでない場合はダイレクトセリングの方が企業側にメリットがあります。

 

経営の経験がない方なのでしょうが、もう少し勉強してほしいと思います。こういった方の意見が不特定多数の方が見る場面に出ていて、それが真実と見えてしまうから怖いものです。

 

ちなみに小売の場合、缶コーヒーのコーヒー原価は1円にもならないでしょう。

0 コメント

前半最後の月

今年も早いもので、今月が終われば前半終了ですね。

 

今年の頭に掲げた自身の課題、目標に向けて、そして後半に繋げる大切な月になりました。

 

今年の終わり方につながる大切な月と考えてやるのか、単なる6月なのか、何も考えないのか、大きな差が生まれると思います。

0 コメント