社会的価値

ある企業の話を知りました。

 

マイクロファンドという一口10,000円ほどから投資が出来るシステムで、地方などの優良企業へのファンドを創り、投資している企業です。

 

展開しているビジネスに社会的価値があるが、近々のキャッシュがハードルになり、展開が難しい状態の企業へのサポートです。

投資する側も個人も多く、投資による見返りよりも、「応援」という要素も大きい形になっていました。

 

この企業の凄いところは、ファンドを創ることによる金稼ぎよりも、理念から生まれた会社だということ、そして投資家と事業者を繋ぐことによりコミュニケーション出来る場を提供することによる社会貢献をしているところだと思います。

 

そんな社長だからこそ、ファンドを創る企業を選ぶ際に最も大切にしていることとして、企業の社長の「志」だということにも納得です。

 

単にお金儲けを考えてのネットワークビジネスの活動は注意したいものです。

0 コメント

GW

そういえばGW前半ですね。

 

毎年GWの渋滞のニュースを見ると考えるものがあります。

 

ネットワークビジネスを真剣にやっている人は、皆同じように思っているのではないかと思いますが、私も混んでいるときに高いお金を払って旅行に行くのはあまり好きではありません。

 

仲間も含めて好きな時に好きなところへ旅行に行けるようになるというライフスタイルはやはり魅力ですよね。

0 コメント

「苦境に挑む姿が他人を育てる」

ある言葉に出逢いました。

 

「苦境に挑む姿が他人を育てる」

 

なるほど。

普通の人が逃げ出すような苦境に出逢ったときに、挑戦しようとすると、普通の人はその姿に注目します。その壁を越えていこうとする姿が共感を生み、協力者を生み出します。

 

苦境はチャンスだということを新しい視点から知ることが出来ました。

0 コメント

気にするところの違い

チームの人のグループの人で、最近ミーティングに来ていない人とのやり取りでこんなのがあったそう。

 

なぜ最近ミーティングに来ていないのか聞くと、

「久々にミーティング行くと、どう思われるかわからないから行きづらい」とのこと。

 

『「久々にミーティング行くと、どう思われるかわからないから行きづらい」、と言ってずっとミーティングに来ないでいることがどう思われるかを気にした方がよい』と思います。

0 コメント

連絡返信

ネットワークビジネスでは、色々な集まりや、ミーティングのアフターなどの人数を集計するという場面が多いと思います。

 

しかし、必ずといってよいほどその人数報告の期日を守れない人がいます。

 

時間を手にしようとしている仕事において、そういった期日を守れないと、決して時間は手に入らないと思います。もったいない。

0 コメント

don't think feel

今日はチームの一人と食事。

 

本当に最高のポテンシャルを持っていながら、難しく考えてしまう癖があるのがもったいない。

 

don't think feel!

 

これからの彼に期待しています。

0 コメント

今日はOFF

今日は一日ゆっくり☆

0 コメント

戦略ミーティング

今日は三人で戦略会議のようなお茶。

 

現状何が課題になっているのか、これからどうやって壁を越えていくのか、三人でお茶をしながら次の一歩を意識して話してきました。

 

真剣な人たちで集まっての話はやはり面白い。

0 コメント

望むことを隠す

昨日ミーティングでメッセージしたことをブログでも書いておきます。

 

それは「望むことを隠すな」ということです。

 

特に結婚している男性に多いのですが、妻に対して望むことを隠すのはやめようという話です。

意識して隠しているわけではないのは分かっていますが、旅行や服など、今すぐ出費として厳しいことであったとしても、もっと望んでいくようにしたいものです。旅行パンフレットや、ファッション雑誌から離れ、望むことを忘れるようにするのはもったいなく思います。

0 コメント

自分でコントロールしていく領域に意識を向ける

今日はネットワークビジネスをやる理由の一つに関してです。

 

「自分のコントロールできることに集中する」という視点があります。

 

現代において、政治や経済において、今日、今すぐに状況を変えることが出来るものがどれだけ身の回りにあるかを考えると、そう沢山ないことに気付きます。

 

ネットワークビジネスというのは、今すぐ、来月の収入から変化させていくことが出来る1つの手段になりえます。

 

今すぐにコントロールできない政治や会社に関してあれこれストレスをため続けるよりも、こういった今すぐ変化につながることに意識を向けていける大人が少しずつでも増えてきていくとよいなと最近よく思います。

0 コメント

小さな積み重ねの先に何があるのかを伝えていく

ネットワークビジネスで成功すると、サラリーではなかなか考えられない額の収入と時間と仲間が手に入ります。

 

ただ、その成功にたどり着くためには、一件一件のスポンサリング、小さな商品の集まりなどを積み重ねていく必要があります。

 

大きなものを手に入れる為に、小さなことが抜けてしまうというのは初期段階では比較的あることですが、逆に小さなことがどう大きなことにつながっていくのかをメッセージしていくことを大切にしていきたいと思います。

0 コメント

分かり易く話すより、一歩前進へ

グループに何かメッセージするときには、「分かり易く」話すより「一歩前進するために」を意識して話した方が大切ということを学びました。

 

どうしても伝えたいことがある場合、その気持ちが大きくなりすぎて、どううまく伝えるかを考えてしまいます。ネットワークビジネスはうまく話せる人が必ずしも成功するビジネスではなく、相手の気持ちを汲んでいく方を意識していきたいものです。

0 コメント

「この人は理解してくれる」

今日はメンターに時間をもらい色々と相談に乗ってもらってきました。

 

今回の話の中で、「この人は自分のことを理解してくれる」という関係を創ることの大切さを更に痛感しました。

 

何か相談を受けたときに直ぐに「わかるよ。自分は過去、、、」という風に直ぐに自分の経験を話してしまうということが過去ありました。そうではなく、その前にまず相手の話をとことん聞くということから、関係を深くしていくことにつながるのです。

0 コメント

関係を続けること

今日は石川県からの友人が来ていたので会ってきました。

 

ビジネスを今は一緒にしていないのですが、出来る限りののお互いの協力関係を続けています。

 

今回は彼の仕事のサポートとしてHPの作成などのアドバイスを出来る限りしてきましたが、こういったお互いに出来ることを続けることで関係が長く続いているのだと思います。

 

ネットワークビジネスをしている人で、スポンサリングをして、ビジネスをやる、やらないというだけですぐに関係を判断してしまう人がいます。

こういった姿勢の人では「成功し続ける」ということがなかなかに難しくなってしまうと私は思います。

0 コメント

理念

0 コメント

「自分と同じ基準」の前に自分の基準

ネットワークビジネスは、一人の可能性がとてつもない破壊力を持ちます。

 

よく「一人出す」ということを聞きますが、この「一人」というのは「絶対成功する」という「一人」のことだということを最近つくずく学びました。

 

「絶対成功する」という基準の人が自分のチームに入ったときに、一気にビジネス展開が広がっていくのですが、その「一人」を出す前に自分自身がどの基準でやっているのかということが結構キーになってきます。

 

毎月の結果にこだわっているのか、小さくても可能性を掴もうとしているのか、何か起きた時に自分に原因を見つける姿勢があるのか。とにかく自分の基準を上げていくことで、そういった人が出てくるのだと思います。

0 コメント

可能性がつながる

先日のブログに書いた栃木遠征に行ってきました。

 

ギリギリまで調整していたグループの前職の先輩もアポが入り、私が別の人と会っている間に現場に行ってきました。何とサインナップ。数年前に伝えて断られていたので、まず無理だと思っていたようですが、全くそんなこともなくサインナップしてくれたそうです。

 

最近「絶対に成功したい」という想いが更に大きくなってきているのを感じていたので、きっとうまくいくと思って待っていましたが、本当に可能性を繋いできたことに感動しました。

 

今回の栃木も大きな前進になり、これからの展開が楽しみになりました。

0 コメント

地方

ネットワークビジネスの大好きなところの1つに、日本中に知り合いが増えることです。

 

今回の沖縄もそうですが、商品を気に入ってくれていたり、ビジネスとして将来に共感して頑張る仲間が増えていくということは何にも勝る財産になります。

0 コメント

ギリギリまで可能性を追う

週末の栃木のミーティングに一緒に行くグループと話しをしていて、どうせ行くなら、ミーティング後に会える人がいないのかもう一度確認をしてみました。

 

始めもう栃木にはいないという話になっていたのですが、確認をしていくと1人前職の先輩が会えるかも知れないということになりました。

 

明後日と日が近づいていますが諦めないでもう一歩の知恵を絞っていこうということで、結果どうなるか分かりませんがその姿勢をみて楽しみになってきました。

 

きっとつながる。

0 コメント

新たな出逢い

今日はいつも沖縄に来た時に行く海の家に行ってきました。

 

そこの人たちは商品の愛用者でいつもウェルカムしてくれます。

 

いつも季節外れに行くのでビーチはほぼ貸切で、のんびりさせて頂くのですが、今回は大阪からの20代後半の男性が出張ついでに来ていて仲良くなりました。

 

「お仕事は何をされているのですか?」と聞かれ、普通に「ネットワークビジネスとうい偏見のある世界で仕事をしています」と答えました。その男性はアムウェイは聞いたことがあるという程度の認識でしたが、話しているうちに、美容液を使ってみたいということになりました。更に空港で仕事をしているそうで、羽田にもちょくちょく来るそうで、来たときは食事しましょうということにつながりました。

 

ちょっとした出逢いであったり、昔の知り合いに会って「仕事は何しているの?」と聞かれる場面って結構あったりします。みなさんはそんなときに何と答えますか?ネットワークビジネスのことを隠そうとしていませんか?

 

私は今は隠さなくなりました。隠さない方がやましいことをしていないということが伝わることが分かったからです。後から「実は、、、」というよりよっぽど誠実だと思います。

 

ちょっとした一瞬の出逢いや再開があることを常に意識しているだけでいくらでも可能性は広がるのだと思った日になりました。

0 コメント

「どうせ駄目だろうな」は駄目じゃない

今週末に栃木でミーティングがあります。自分が行くことは決めていなかったのですが、私のアップラインが私の栃木のグループを誘っていくのはどうかということをずっと勧めてきてくれていました。

正直な気持ちとしてどうせ誘ってもミーティング会場と離れているので来ないだろうな、と思っていました。

 

そのアップラインから確認があり、一応そのグループに連絡してみると、「来る」とのこと。そしてそのスポンサーに連絡するとそのスポンサーも来るとのこと。

 

結局段取りをしていくことにしたのですが、どうせ駄目だろうと決めているうちは可能性を拾えないなと自己反省。連絡してよかった。

0 コメント

ビッグマウスと行動

今日は沖縄でお世話になっているドクターと食事をしてきました。

 

沖縄に来るといつもVIP扱いをしてくれて今回は最高の鉄板焼きをごちそうになりました。

 

そのドクターのマネージャをしていた人もいて、最後二人で色々とここまでの話を聞かせて頂きました。それはそのドクターが若いころからビッグマウスだったという話で、とても参考になりましたので紹介しておきます。

 

若いころから大きな目標を掲げていたので、始め周りのドクターからは馬鹿にされ続けてきたそうです。ただ、沖縄で3つも医院を開院し、ダントツの結果を掴んだときに周りのドクターたちは妬むようになったそうです。実績をつかむまで行くとビッグマウスでもその言葉に重みが増し、更に先のビジョンにも共感する人が集まり、力が大きくなるとのこと。

 

ネットワークビジネスを始めると、夢を思い出し、それに向かって行動していきます。必ずそれを馬鹿にする人に出逢うでしょう。そして結果を出すとそれを妬む人に出逢うでしょう。しかし、それと同時に将来に共感して、一緒に力を合わせていく仲間がいることにも気付けます。

 

ネットワークビジネスであろうと、実業であろうと、全て共通しているのではないでしょうか?

0 コメント

一度真剣にやってからでも遅くない

自分のチームでサラリーマンで優秀な成績を出している人がいます。大手の誰でも知っている企業に勤めています。

 

もともと肩書は申し分ないのですが、3000万の印税が欲しいということから私のチームに入ってきました。ものすごい可能性を秘めている方なのですが、迷っています。

 

一流の肩書か、自由人か。

 

そんなものどっちも取ればいいんです。

有名大学を出て、有名企業に勤めている人に多いと思いますが、別にその世界を捨てる必要なんてないんです。少なくとも一度両方を思いっきりやってみてから決めたらと思います。

 

ネットワークビジネスをやりたいと思った時のワクワクした気持ちが日々の中で薄れただけで、行動が薄くなり、本気でやったときの楽しみを知らずに迷う。

もったいないとしか思えないし、もっと気楽に考えていけばいいのにと思います。

0 コメント

状況は変化している

本気でネットワークビジネスをやっている人は皆やっていると思いますが、一度にたくさんの人に一気に連絡を入れるということをまたやりました。

 

返事を直ぐくれる人、くれない人、色々います。

 

一人高校の友人は久々に連絡してみると先月子供が産まれたとのこと。なんだかんだ時間が空くとこういった状況が変わった人というのは必ずいます。状況は変わるということを知っておくと、一度伝えて駄目でも、こちらが続けている限り、相手の中でやる理由が生まれる可能性もあることが分かります。

 

最近連絡してなかった人に連絡してみると面白いですよ。

 

しかし、公務員や、教師という職業の人は返信しない人が多い気がするのは私だけでしょうか。世の中の常識を学ぶ環境がないから仕方ないのかなと思いますが、特に教師は子供に「友達を大切に」と教えている側でありながら、自分は抜けているということが本当多い気がします。

 

もし教師の人がこのサイトを観ているとしたら、一度自分の友人に対する態度を考えてみてほしいものです。っていうと上からな感じがして嫌ですけど。。

 

もちろんしっかりと尊敬出来る方もいっぱいいるのも知っていますが。

0 コメント

もう一歩根本へ

今日はある関係先の企業のセールスミーティングに行ってきました。

 

前月のマイナスの原因を探り、今月どうやって挽回していくのかということがそのミーティングのテーマでした。ビジネスの世界では結構浸透している考え方で、1つの問題を「なぜ」という視点で掘り下げていく方法をセールスチームに共有していくということを話されていました。

 

セールスのプレイヤーたちは自分たちなりに前月の原因を事前にレポートしていたのですが、この「掘り下げる」ということに慣れていなかったらしく、「掘り下げる」という意味を伝えることからの時間になりました。最終的にその「掘り下げる」ことをやり直して修正していくということでミーティングは終わりましたが、実はもう一歩根本が抜けていることに気付きました。

 

それは「原因を明確にしたい」とプレイヤーが思っていないということです。

本人らの受身の姿勢では例え掘り下げることをしたところで問題解決まではたどり着かないと思います。マネージャーは掘り下げるノウハウの前段階で、プレイヤーの自主性を向上させる何かを見つけなければ、来年も同じことをしているか、人材が入れ替わっているだけの結果になると思います。

 

全ての原動力に「望む」ということがありますが、「問題を明確にしたい」と「望む」手前に、「何のために問題を解決したいのか」、それは何につながっているのか、とことん話す場面を持つだけでチームは少しづつ変わっていくと思います。

 

ネットワークビジネスでも同じです。こうすればよいというやり方にこだわる手間にに何か残っていることがあるかもしれません。そういった視点を忘れないようにしていきたいものです。

0 コメント

接客サービス

今日行った魚の美味しいお店の接客に改めて感動しました。

 

魚の質が良いのでリピートしているのですが、接客態度の良さもリピートしている理由かと感じました。

 

会計を終えてお店の外に出ても、店員さんは外に出てきてくれて送り出してくれる。

 

そう簡単に出来ることではないと思いますが、こういった心がお客様を呼んでくるのだと思います。

 

ノウハウだけでなく、こういった気持でネットワークビジネスも活動していきたいものです。

0 コメント

鎌倉 わらび餅

今日は鎌倉に何年振りかに行ってきました。

 

人に会いに行くついでに妻に言われていたわらび餅を購入。

 

相当美味しい。

 

お店の名前は忘れました。。。

 

またゆっくり来たいところです。

0 コメント

姿勢の連動

「掛け算を知らない人は掛け算を教えることはできない。目指す姿勢のない人が目指すことを伝えることはできない」

 

当たり前なのですが、ガツンとくる一言だと思います。

 

ネットワークビジネスにおいては、自身のグループと自身の結果が連動してくる分、グループへ目が行きがちです。私自身もっと目指していこうと思います。

0 コメント

新年度スタート

今日から新年度スタート。

 

街に出てみると新入社員と思われる若い人たちがフレッシュなスーツに身を包み至る所にいます。

 

自分が社会人になったころを思い出し、もう一度フレッシュな気持ちになれました。

 

さーて今年は飛躍の一年になりそうです!

0 コメント