月末の終わり方

締日の関係ないネットワークビジネスも存在しますが、期日を付けてビジネスをすることは絶対的に必要なことだと思っています。

 

当然当たり前に耳にしていることだと思いますが、意外に毎月の習慣にできている人は少なく思います。

 

数か月前に、今年の秋にはここまでやろうという目標を掲げておきながら、状況が全く変わっていないのであれば振り返ってみたらよいと思います。きっと毎月のこだわりを持たずに今日まで来ているはず。

 

個人的にはできているときとできていないときとあったと思いますが、10月というところを考えた時に、来週につながった人が一人出てきました。

 

もう一度考えてみてほしいと思います。

0 コメント

ビジョン

今日は異業種ですが、いつも接待してくれる沖縄でクリニックではNo1のドクターと鉄板焼き。

初めて自分の仲間も紹介させていただき、即気に入ってもらい接待してもらいました。

 

このドクターはさすがなのですが、ビジョンを大切にして、そこに負けるなというメッセージをたくさんぶつけてくれました。

来年の法人化も含めて、相当のバックアップになりました。

0 コメント

仲間

今日から仲間が東京から合流☆

 

初めての沖縄ということで、沖縄のめちゃくちゃ美味しいソーキそばをごちそうしてきました♪最高!!

0 コメント

事前確認

今日から沖縄遠征☆

 

なんかいやな予感がしていたのですが、着いたらレンタカーの予約がされていませんでした。

その場で何とか1台抑えてもらいましたが、事前確認大切ですね。。

 

スポンサリングのアポ確認はキッチリするのに、今回は抜けてました。

0 コメント

ディズニーランド

今日はOFF

 

久々にディズニーランドに行ってきました☆

ハロウィンイベントで相当混んでましたけどリフレッシュ☆

0 コメント

ワクワクして眠れない

最近ワクワクして中々眠れなくなってきました。

 

さすがに体調管理を徹底していかなくてはと思います。

0 コメント

熱い想い

今日はメンター二人とお茶をしてきました。

 

二人とも相当熱く、来年に向けてかなり本気です。

 

色々とやることが多く、仕事を徹底的にしていると、ある意味「冷静」に動いていかないと仕事が追いつかなくなることがあります。

 

今回二人と話してまた気持ちでぶつかる部分を思い出せました。

 

常に自分にフレッシュな気持ちを持っていきたいと思います。

0 コメント

可能性を知っているか

今日は久々に仲の良い年上の女性と焼き肉に行ってきました。

 

彼女はビジネスはやっていません。商品だけは使い、影から私を応援しているという感じです。

 

色々と話を聞いていると、いつも「けど私はそんなにアクティブに出来ないから無理だなあ」とよく言います。

 

ネットワークビジネスの可能性というのは、その人本人の能力だけの問題ではないというところに可能性があるものです。それを知っていない場合、よっぽど難しい仕事になってしまいます。しかしこれはセンスも関係していて、実際ビジネスとして活動しているディストリビューターの人でも当てはまることがあります。

 

中々結果をつかめずに、突破口を探していると、難しい仕事だと感じ始めてしまいます。自分のリストも、本当はいるのに「ピックアップされたいつもの数人」しか頭にでてこなくなります。可能性を自分から小さくしてしまっていることから早く卒業していきたいと思います。

0 コメント

焦りが伝わる

今日は別のチームの女性にミーティング後に相談に乗ってほしいという依頼を受けていました。

 

思ったよりもミーティングが長引き、時間が少しおしている中で話がスタートしました。

 

予定していた時間が少し減ったという事実は事実。別に焦る必要なんてないんです。

その限られた時間の中で要点をまとめて、進められる分を解決していけばよいのですが、無駄に焦ってしまうとこちらも答えを出すことにしっかりと考えずに対応してしまうことになってしまうことがあります。

 

それ以上にその人のグループが焦っている姿を見てしまうと、きっとそれも伝わっていってしまうと思います。

 

焦る気持ちはわかりますが、出来ることに集中すれば自然と急ぐことが出来ると思います。

0 コメント

空気で引き寄せる

10月から本気でスタートしたいという人が二人いました。

 

1人は自分の目標とその意味、どうにかしたいとういことを散々自分からアピールしてきて空気がうまくいく方を向いていました。もう一人も成功したいという空気を出していましたが、自分とは関係のない質問が多く、誰誰はどうしてうまくいっていないのか?ということをよく質問していました。

 

1カ月経ち、前者の人はグループも出来、更にグループからも本気の人が出ています。

後者の人は風邪をひき、仕事が忙しく、「前進していない」ということが口から出てきました。

 

本気の空気とは自分に目を向けて、如何に自分の責任の範囲に結果をもってくるのか?だと思います。他人のことを聞くことがNGだということではないですが、「それを聞いて自分にどう生かすか?」が行動につながらないと直ぐに足が止まってしまいます。

 

自分で出す空気を高めていきたいと思います。

0 コメント

向上心のない環境

今日は地元の後輩と久々に飲んできました。

 

郵便局で働いている後輩で、もともとカーディーラーの好成績をだしていたやり手です。

 

しかし色々な流れの中で三年ほど郵便局という環境に身を置いていたために、本人の向上心がなくなっていました。

郵便局の環境がすべてではないですが、かなり向上心がない人たちが多いとのことで、過去の彼の良さが消えていました。

 

ネットワークビジネスにおいて、勢いのある環境を自分でどう作っていくかはKeyになると思っています。これは環境によってうまくいかない原因をそこにおくのではなく、自身で新しい人をスポンサリングし、そこから新しい流れを作っていくことにフォーカスするという意味です。

 

環境のせいにするのはよくありませんが、環境を選ぶ、もしくは環境を自分で作ることは、立派なMLMの仕事になると思っています。

0 コメント

分かり易さ

今年の終わり方に向けて、更に来年に繋げるために大きな企画が決まりました。

 

その企画のアナウンスメールが若干分かりづらい。。。

 

メールでの情報共有に思いを乗せることは難しいので、少し自分も考えていきたいと思いました。

0 コメント

信頼おけるプレゼン

今日は自分のチーム主催ミーティング。

 

ちょっと趣向を変えて、先日打ち合わせをしたメンバーに商品プレゼンを初めてお願いし、マーケティング説明をもう一人のメンバーにお願いしました。

 

どちらもどこでプレゼンしても恥ずかしくない高レベルでのプレゼンを決めてくれて本当に感動しました。

 

これからの彼らに期待です☆

0 コメント

駄目自分

今日は再来週のアポを取る日と決めていたのですが、自分の中の「まいっか」が登場し出来ませんでした!

 

こんな自分もいますが、毎日「まいっか」と闘うのが面白い☆

0 コメント

改めての感動

昨日のブログに書いた商品のプレゼンに関してですが、今日は自分のグループの人と週末のミーティングにおける商品プレゼンの打ち合わせをしました。

 

再度どこに意識をしてプレゼンをするとよいかという話を色々する中で、「これってそんなにすごかったんですか!?」と改めて感動してもらえました。

 

逆にミーティングに何度かきている人というのは意外にしっかりと時間を作って話直すと全く違った発見があるようで、今後も定期的に色々とメンバーにメッセージしていきたいと思います。

0 コメント

プロの責任

今日のミーティングには初めての方が数名いました。

 

プレゼンをする側の姿勢とレベルがとても大切だということを再認識しました。

 

商品の説明の担当が、まだまだ自信が伝わらないという感じがして少し残念。

説明のうまい下手というのは経験により差が出るのは全く問題がないことだと思いますが、堂々と話しているか?という視点だけは外してはいけないことだと思います。

 

それなりに意識して頑張っているし、応援もしているのですが、あと一歩「堂々と話す」ということを意識するだけでガラッと雰囲気も変わると思いました。

0 コメント

飲み会

最近居酒屋というところに興味があります。

 

先日、自分のフロントと二人で数時間飲んできたのですが、結構楽しい。

 

元々居酒屋に行くなら食事もおいしいダイニングバーを選ぶことがほとんどだったのですが、居酒屋は居酒屋でなんかぐちゃぐちゃしていて面白い。疲れたサラリーマンがいたり、女性グループでいない人の悪口をずっと言い合っていたり。何だか知らない文化の国に旅行に来たワクワク感があります。

 

たぶん私だけの感覚だと思いますが、居酒屋ブームが来ている気がします。

 

結果的に一緒に飲んだフロントがついに大きな変化を見せ始めてくれたのも面白いです。

0 コメント

温泉

今日は山梨のほったらかし温泉というところに行ってきました。

 

たまに自分と向き合う為に行くところで、甲府盆地を一望できるところで気に入っています。今日は少しかすんでいて富士山が見えなかったのが残念ですが、更にパワーを充電して明日からまた走れそうです。

0 コメント

課題と比べる

自分のやりたいことや夢をリストにするという話をよく聞きます。

 

けれど実際にやっていない人もいます。

 

リストを書いただけの人もいます。

 

私はそのリストを課題にぶつかるたびに見直すようにしています。

 

自分が何のために進もうとしているのか。常に問いかけます。

0 コメント

知恵を出しきったか

「本当に知恵を出しきったか、自分に常に問いかけている」と私のメンターが言っていました。

 

何か超えようとした時の心構えとして絶対に大切な自分へのといかけだと思いハッとしました。

 

まだまだ出来ることがありそうだ。

0 コメント

惜しまれながらの退社

今日は知り合いの企業のマネージャーの送別会に少しだけ顔を出してきました。

 

私も少し絡みがある方の送別会の為、呼ばれていったのですが、周りの人たちから惜しまれながらの退社でありながら、次のステージの応援の気持ちも皆が持っているというのが伝わってきました。

 

送別会とかそういったものを余り経験してきていないので新鮮な気持ちになりましたが、ネットワークビジネスをやっている人で、脱サラを夢見ている人も多いと思います。脱サラを志すなら、今いる企業で、「惜しまれる」人材になる方がその後のビジネスにも活かせると思いますし、そういったマインドが大きなチームを作っていくのだと思います。

 

単にサラリーの悪口を言っているだけでは人はついてこない。

0 コメント

テンション

今日はある外資系医療機器メーカーのアジアンパシフィックのリーダーであるオーストラリア人の人と会って日本における戦略を色々聴いてきました。

 

1つ1つの商材に対する彼の思いに一点の曇りもないことに感服しながら話をきいていたのですが、一番のポイントは彼が仕事を楽しんでいるということでした。その企業のセールスチームも同じ場にいたのですが、だんだんにその勢いに巻き込まれていく。私と日本のGM以外は余り英語が理解できていないのですが最終的には笑顔になり、来年に向けてテンションがあがっていくのが伝わってくる。

 

MLMにおいてもリーダーというものは一点の曇りなく楽しんでいることが人を引き付けることになると思います。現状の問題や課題にいちいちしょぼくれている場合ではない。それはグループが出来る前から必要なことだと思います。なぜなら、楽しんでいる人にのみチームが出来るからです。しょぼくれていて、チームができてから笑顔になるなんてことをしていても、そもそもチームは出来ません。

 

 

0 コメント

奇跡

帰りの特急に乗ろうと改札を入ったところ目の前に昨日会えなくなった友人がたまたまいてビックリ!

 

奇跡的に会うことが出来ました。ホームで30分ほど色々話して東京に来るときにまた会うことになりました。こんなこともあるものなんですね。

0 コメント

長野

昨日から長野に来ています。

 

諏訪の友人とタイミング合えば会おうということになっていましたが、流れてしまいました。

 

遠征に出ているときにこういったことも結構あります。スケジュール管理の問題でもありますが、こういったときにへこんでしまう人もいると思います。

 

あいた時間は別の人に会う、もしくはその土地を楽しむことに時間を使えばいいんです。どうせまた次会えるますから。

0 コメント

ブランドで身を固めない訳

昨日のブログの補足。

 

ブランド物ばかりで身を固めることをしない理由を教えてほしいという質問を受けました。

 

簡単です。お金でつながるネットワークを作っても、人は離れていくからです。

始まりの欲求という部分ではつながる可能性はありますが、お金だけのつながりは長続きしません。やはり信頼構築の方が成功し続ける為にはよほど大切になります。

0 コメント

スーツ新調

今日は来週のイベントの為にスーツを新調してきました。

 

見られる側のプロとしての意識というのも意外に大切だと思います。

 

ブランド物や宝石をじゃらじゃら下品に集める人もMLMの世界では見受けられますが、こぎれいにセンス良いチームを作っていきたいものです。

0 コメント

誰でも出来るようにする

ネットワークビジネスはコピービジネスとも言います。

 

どんな人にでも真似できるよう、いかにビジネスをシンプルにするかというのがキーになります。

 

戦略として大手企業では研修という形で、徹底的に商品の知識を大量に教えていくというやり方をしているところもあります。いかに誰でもがスキルアップしていける体制を整えるのかは大切です。

 

しかし、真剣にやればやるほど「あなただから出来る」と言われることが多くなります。

そうなった場合、突き抜けて引っ張っていく方をチョイスしたい。自分の基準を下げる必要はない。

0 コメント

理念すり合わせ

来年の新規ビジネスに向けた打ち合わせに行ってきました。

 

パートナーになる方の理念をもう一度受け止めなおし、Win-Winの関係をお客様と構築していくことが再認識。理念の真剣さは何度も同じ話を聞いている中で本物になっていきます。

 

単なる金もうけにビジネスをしても長続きしない、この当たり前のことが意外に分かっていない人が多い気がします。特にネットワークビジネスにおいては安い儲け話として捉えるのが一番リスクがあると思います。

0 コメント

来年の準備

昨日こだわる話を書いたので、さっそく今日1人声かけてきました。(昨日の夜中も声をかけて駄目でした☆)

 

今日の1人もだめでしたが、来年は行きたいという話までいきました。これまで何度か誘ったことがあった人ですが、3年間断られてきている人です。

 

これまで行けない理由と向き合ってきてしまった感じがするので、今回は「来年行くために一緒に準備していく視点で今後話していこう」という視点の切り替えも完了。

 

駄目だったら次にどうするか?

 

ずっと状況が変わっていないとしたら、少し考えてやっていこう。

0 コメント

誘う側のこだわり

近々、年に二回だけの一泊セミナーがあります。

 

当然成功したいと思っている人は一人でも多くの仲間とそこへ行こうとします。

 

残り時間があと少しになったから、呼ぼうと思っていた人が駄目になったから、ということでそれ以上をこだわることをやめた人は、きっと次の機会も人を呼ぶことは出来ないと思います。

0 コメント

突破口はこれまでにないやり方

今日はある大手金融会社相手にの営業コンサルをしてきました。

 

5名の女性契約社員と数名の正社員で、目標がこれまでの3割アップという飛んでもない数字が降ってきました。女性はそれぞれのコミッションが入ればそれ以上は頑張ろうとしない。かつ、上司との人間関係トラブルがあります。正社員は既にキャパオーバーで、営業で3割カバーするだけの工数はありません。

 

どうやって3割アップを稼ぐか?という問い合わせ。

 

・女性はやる気がない

・正社員はほぼ工数を確保できない

・目標は3割アップと途方もない数字

 

皆さんだったらどうしますか?

 

提示した解決策

 

「金融セミナーを開催する」です。

 

機能するかは分かりませんが、女性に多く営業に回らせることは出来ません。正社員が代わりに回ることが出来ないということであれば、お客様を一度に集めるしか時間的工数をカバーすることは出来ません。契約社員の方が普段回っているだけでカバーできない分を正社員がセミナーでプレゼンをすることでカバー出来ます。金融機関なのでセミナールームは確保出来ます。

 

これまで1人1人回るのが「常識」になり、それを「常識」だと思っていたら大きな変化を作ることは出来ません。

 

ネットワークビジネスではセミナーに集めるというのは当たり前のことですが、もしかしたらセミナーという「常識」の外に大きな変化もあるかもしれないと思ったやり取りでした。

0 コメント