ホームMLMネットワークビジネス必要性>MLM必要性:家庭を知る

MLM(ネットワークビジネス)の必要性:家庭を知る

ここまで国の状況、企業の状況を見てきましたが、家庭においてもっと身近な問題になってきます。


教育費

まず具体的な教育費についてみてみましょう。

 

平成22年度の文部科学省「子供の学習費調査」

・幼稚園から高校まで全て公立に通った場合:5,040,000円

・幼稚園から高校まで全て私立に通った場合:17,020,000円

 

日本学生支援機構「学生生活調査結果」

・昼間4年間国立大自宅通学支出総額:4,340,000円

・昼間4年間私立大自宅通学支出総額:6,770,000円

 

奨学金アルバイトを除く「家庭からの給付」

・国立大自宅通学:2,500,000円

・私立大自宅通学:4,200,000円

・国立大下宿:4,740,000円

・私立大下宿:6,900,000円

 

これを知ったときに別に焦る必要があるわけではなく、現実をしって今のうちから準備しておくという人が増えてきていることを知っておくことが大切です。

また更にこの数字の裏側にあるのが、こういった数字を知って、子供を作れない家庭が増えてくるということを再認識することです。今後日本の人口が8000万人代になるといわれていますが、これも1つの大きな原因です。人口が減ってきた場合の日本の経済状況を今から観ておくことは出来ます。


収入格差

また、現在「収入格差」という言葉を聞くようになってしばらく経ちました。

 

収入格差とは現実数字で見ると大きいものがあります。

 

年収300万円以下の人口の割合とその推移です。平成14年までは34.9%だったのに対し、平成22年では40.5%となっています。10人に4人は年収300万円以下ということです。年収300万円以下の人は、家庭を築くことが難しく、少子高齢化にさらに拍車をかけていくことになります。

 

真剣に考えてみようとみまいと、現実を確認して何かしら行動していく必要性はあると思います。