ホームMLMネットワークビジネス必要性>MLM必要性:女性の可能性

MLM(ネットワークビジネス)の必要性:女性の可能性

ネットワークビジネスに参加しているディストリビューターの約7割が女性ということを色々な現場で聞くことがあります。実際セミナーなどにいくと分かりますが、女性の勢いは確実に強く、人数的にも女性が多いと感じる方も多いのではないでしょうか?

 

ここでは、その女性という視点に可能性をおき、マーケットを見ていきたいと思います。


統計でみる

まず、統計から女性の可能性を見ていきます。

 

国勢調査を見てみると、2010年時点で20代後半以上の女性の独身率というのは60%を超えました。1970年代からこの数字は上がり始め、1990年代から一気に加速的に伸びてきています。

 

これはシンプルに、自立している女性が多くなってきているということです。しかし、女性の収入というのは、MLM必要性:国税庁データから知るに書いた通り、男性と比べると生涯賃金も低く、平均賞与も圧倒的にすくないのが現状です。

 

つまり、収入を確保する必要があるのに、それを確保する仕事がなかなかないというのが女性のネットワークビジネス進出の大きな理由になっているのです。


人間関係を軸とするビジネス=ネットワークビジネス

次に考えたいのが、人間関係のビジネスであるということです。ネットワークビジネスは前にも書いた通り、物を単に売る仕事ではなく、ネットワークを構築していく、つまり、人間関係を軸としている点にあります。これは男性には難しいという話ではなく、日々、井戸端会議など、身近なコロニーの中で生活している女性の方がDNA的にも優れている部分です。また、子育てと両立させながら自宅を中心に行えるビジネスであるということも確実に女性の可能性を大きく広げている要因だと言えるでしょう。


依存状態からの脱却

男性からの自立を考えている女性が増えてきている現実もあります。

 

比較的に、女性の方が男性より”足元”をしっかりと見ています。ネットワークビジネスをやり始める理由として、男性は「大きな夢・野望」、女性は「来月の50,000円」という感じです。もちろん人によって違いますが。

 

つまり女性の方が現実世界の近くをしっかりと見る力があるのです。その力で女性は何を判断するかというと、たとえ結婚していても、夫の会社の将来など、万が一を想定することがしやすいのです。この時代を見ると大手企業でも一生の保証がないということは誰でも分かっているのですが、自分ごとに捉える力に残念ながら女性の方が勝っています。

 

そうなると、次に女性が考えるのが、夫の収入からの自立です。そのまま夫の収入が安定して入り、退職金もでて、年金ももらえるということが起こった場合は、それはそれでよいことですが、万が一駄目だった場合の保険を今から準備するということをします。

 

この依存状態からの脱却は最近さらに増えてきているのを感じます。


収入・昇進の天井

男女の差別をなくそうということで法律の整備などが近年日本においても進んできていますが、現実はなかなかそれが出来ていないのは誰でも感じていると思います。それはどうしても、子供を産む、という期間が経済から物理的ビハインドを生じてしまうからです。

 

しかし、ネットワークビジネスの場合は、「やったらやったぶんだけ」という青天井が待っているのです。これは女性にとってはフェアに仕事に取り組みやすい環境が整っていることを意味しています。


楽しみながらやる

ネットワークビジネスの活動に不可欠なことの1つとして「楽しみながらやる」というのがあります。眉間にしわをよせてビジネス活動をしている方も見受けられますが、間違いなくうまくいっていません。楽しみながらやるから結果が出るのであって、結果が出るから楽しくなるのです。つらそうな人から可能性の話を聞いても相手は「つらそうな仕事」と認識しますし、逆に楽しそうに伝えれば「楽しくなることにつながる話ね」という捉え方を相手はします。このことに気付いていらっしゃらない方がまだ多いのが現状です。

 

そこでネットワークビジネスの女性の可能性ですが、ネットワークビジネスの活動の中にはホームパーティーや、ホームミーティングというのがあります。自宅に友人を集めてのパーティーやミーティングをすることで可能性や楽しさを伝えていくことが出来ます。これは女性にとってはネットワークビジネスに関わらず普段からやっているお茶会などの延長にあります。男性にとっては飲み会に当たるのでしょうが、お酒を入れている分のビハインドが男性にはあるかもしれません。

 

「楽しみながらやる」という視点が女性にとってのやりやすさになっていることは間違いないと思います。


このように見てくると女性にとっての可能性がとても大きく、女性がネットワークビジネスをやる理由が至る所にあることが分かるかと思います。

 

しかし、だからと言って男性には向いていない仕事というわけではりません。それはネットワークビジネスだからです。ネットワークビジネスは上記にあるような女性が、自分のチームに入ってきて、レバレッジを効かせるということです。

 

そのためには男性であろうと、女性の視点を理解していくことが、成功の大きなキーファクターになることは間違いありません。