ホーム>スポンサリングのテキスト

スポンサリング シナリオ  「伝え方の答えが一冊に」

スポンサリング ノウハウ

スポンサリングをすると人間関係がおかしくなるという人が多くいます。また、人間関係が壊れるのではないかということを懸念して、一歩も前に進めない人も多々いらっしゃいます。

 

スポンサリングシナリオとは、スポンサリングにおいて、アポとりからフォローまで、具体的に明確にしたネットワークビジネスで活躍していく人向けのテキストです。

 

スポンサリングシナリオ特徴まとめ



「どうやって伝えればいいの?」に答えるスポンサリングテキスト


といった質問や悩み相談を受けることがこれまで多々ありました。確かに色々調べてみてもスポンサリングに特化したものというのは余り存在していないようです。実際はアップラインとの相談、あるいは自分の経験を積んでいくなかでの学びでしか成長できなかったという人がとても多いですよね。

 

そこで経営コンサルティング、営業コンサルティングでのノウハウをネットワークビジネスのスポンサリングに応用したものをテキストにしました。実際これまでMLM DataBank代表はこのシナリオ作るまでに直スポンサーした数が50名を超えています。サインをもらうことが目的ではないですし、営業とは違うのですが、スポンサリングのアポとりから何を気にしていくべきか、それぞれの状況に合わせて活用頂けると思います。

 

一人でも多くの人が、スポンサリングで人間関係を壊してしまうことがないようになればと思います。

 

スポンサリングシナリオ特徴まとめ


口コミビジネスだから人間関係が壊れるのではなく、

人間関係が壊れるスポンサリングすると人間関係が壊れます。

スポンサリングシナリオを活用できる人

このスポンサリングシナリオは以下のような人に活用頂けると幸いです。

 

①仲間、家族、友達を大切にしたい人

ネットワークビジネスをやる理由として、自分の生活の向上だけでなく、関わる人のためも思える人はぜひ活用してもらいたいと思います。せっかく周りの幸せまで思っているのに、伝え方の問題で誤解を生み、あきらめていくという人を何人も見てきました。このスポンサリングシナリオはそういった人のために創りました。

 

②自分に目を向けられる人

自分に目を向けて、課題が起きた時に自分の中に原因を見つけ、そして改善していく人にはこのスポンサリングシナリオは活用頂けると思います。

 

③成功するまでやると決めている人

自分の人生に責任を持ち、夢の実現のために一歩一歩進んでいくことを決めている人にはとても役立つテキストになると思います。

 

④真剣に頑張っている人

ネットワークビジネスを手段として真剣にやっている人にも役立ちます。単なる儲け話ではなく、やったらやった分だけ自分の夢につながるということを信じている人には向いています。

 

⑤これまでサインがなかなか取れていない人

これまでの自身のスポンサリングとどう違うのかが明確になると思います。

 

⑥アップライン

アップラインが、とにかく俺のところに連れてくればいいんだ、とかミーティングに連れてくればいいんだ、という場合はぜひこのテキストを活用していただきたいです。「とにかく」連れて行こうとするから大切な人間関係にヒビが入ってしまうのです。大半の友人を捨て駒にして、ごくごく一部の人だけ仲間になればよいという考え方のアップラインには気を付けてください。

 

≫≫スポンサリングシナリオ特徴まとめ

≫≫スポンサリングシナリオ詳細はコチラ


スポンサリングシナリオが必要ない人

①自分だけ稼ぎたい人

自分だけ稼ぎたい人はこのスポンサリングシナリオはお勧めできません。そういったマインドを持っている人はどんなにすばらしい企業であっても、どんなにすばらしい商品、マーケティングプランであってもうまくいきません。

 

②楽して稼ぎたい人

簡単に稼ぎたい人というのは、自分に目を向けることが出来ない可能性が高いと思っています。これまで活動してきて、人間関係が壊れてしまったりしている場合は、苦しまずに結果を掴みたいという気持ちはとても分かります。私自身も、過去スポンサリング後に関係が悪くなるということを散々経験してきました。しかし周りや環境、人のせいにせず、きっちりと人間関係を創っていくことで初めて権利的な収入になるということを私も学ぶことが出来、更に関係が悪くなっていた人たちとも関係修復することが出来ました。スポンサリングシナリオを読んだからといって直ぐにサインばかりになるものではありません。何度もスポンサリングに行くことで、何度も読み返し、確認し、修正し、成長していくということの認識であれば役に立ちます。

 

③違法、悪徳マルチをやっている人

違法、悪徳マルチをやっている人はこのシナリオは役に立ちません。というよりそもそもそのビジネスをやめた方がよいかと思います。

 

④売りたい人

商品をとにかく売りたい人もこのシナリオは向きません。ネットワークビジネスは営業活動ではありません。勧誘活動でもないと思っています。あくまで将来の共感や、現在の不都合を解決する手段を提供していく仕事であり、一生相手に対して責任を持ってやっていく仕事だからです。

 

⑤すぐにあきらめる人

これはスポンサリング云々ではなく、ビジネスに向きません。失敗ではなく経験にすることのできない人です。ネットワークビジネスは相手の人生に関わる仕事になります。ちょっとしたノリでスポンサリング活動をして、自分の都合で辞めるというのが一番この業界のイメージを下げます。ネットワークビジネスの業界は私を含めて真剣にやっている人がたくさんいますので、安易な気持ちではやらない方が良いと思います。

 

⑥インターネットで知らない人をスポンサリングして成功しようとする人

「友人を勧誘しないで成功!!」のようなうたい文句の情報がインターネットに出回っています。これまでスポンサリングでうまくいかなかった経験からそういった情報に興味を持つ気持ちもわかります。しかし、自分に目を向けるようになってから、私も過去拒絶された人たちと関係が修復され、仲間も増えたという経験があります。やはり友達と成功したいという想いをあきらめられない人に是非活用してもらいたいと思っています。

 

≫≫スポンサリングシナリオ特徴まとめ 

≫≫スポンサリングシナリオ詳細はコチラ



スポンサリングシナリオ2013年改定版の構成

スポンサリングシナリオは、3つの構成から出来ています。

 

1つ目はスポンサリングにおける大切な考え方です。

「ノウハウ」という言葉から「簡単に出来る」ということを連想してしまいますが、ネットワークビジネスは人との仕事になりますので、上手く話すことでサインを取ることが目的ではありません。

この考え方をベースにして初めてシナリオが生きてきます。

 

2つ目は実際に現場においてどう話を進めていくかです。

アポとりからケアまでを各ステップに分けて詳細に説明していきます。そのステップごとに注意すべきポイントを解説していくことで、実際に話をしていくなかで話がずれていっても元に戻ることが出来、更に断り文句につながらないようになります。このシナリオの部分が営業コンサルティングでの真のノウハウになり、本当の意味での「相手の立場に立った」状態に向かいます。

 

3つ目はよくある断り文句とその説明です。

例えば、よく「商品が高い、と言われたら何と答えますか?」と聞かれることがあります。その答えはわかりません。なぜならそれまでに話の流れがあり、相手との関係もあるからです。しかし、シナリオを身につけていくとこの断り文句が出ないようになります。そのうえで断り文句が出るとしたら、「何をこたえるか」よりも「なぜそのように断られたのか」に着眼をしていく必要があります。そうでなければ次の成長はありませんし、相手を説得していくことに熱を入れてしまい、人間関係にトラブルが起きやすくなってしまいます。


スポンサリングシナリオ詳細

スポンサリングシナリオ注文

スポンサリングテキスト